HOME > 二輪ジムカーナって何?

二輪ジムカーナとは?

コース 自動車教習所や広い駐車場で、教習施設やパイロン等でコースを設定し1台ずつ走ってタイムを競うものです。
同じコースを2回走行した中で速い方のタイムで順位を決めます。

コースは開催ごとに違うコースが設定される事がほとんどで、コースを発表するのはその日の朝・・・そのため、ジムカーナの最初の壁は「コースを覚えること」と言われてます。 なにしろ、コースを間違えれば「失格」となり、どんなに素晴らしい走りでもリザルトに記録が残らないのですから。

  コースを覚えるために「慣熟歩行」として、実際のコースを自分の脚で歩いて覚える時間があるので、その間にしっかり覚えなければなりません。
いわゆるシード選手ともなると、コースを覚えるのは当たり前の事として、路面状況や次のターンとのつながり具合、またそれを一番速く走るためにセッティングはどうすれば良いか?などなどいろいろ考えているのです。

ジムカーナは参加が容易で、間口が広いモータースポーツであると言われます。
自分のマシンを思いっきり操る楽しさを体験し、モータースポーツへの参加が決して遠いものではないことを感じて欲しいと思います。


ジムカーナの歴史

写真 現在のスタイルのジムカーナは1970年頃、東京多摩地区のカワサキ販売店が始めたともいわれ、カワサキ車ユーザーにより発展し、1980年代年にはジムカーナ史にその名を残す名車「Z750FX2」のワンメイク状態となり、明石のカワサキ本社にて全国大会が開催されていました。

1990年代に入り、FXの後継にあたる「ゼファー750」の活躍もありましたが、「ブロス650」や「NSR250R」など他メーカーのマシンが活躍するようになり、1993シーズンをもってカワサキ大会は終了してしまいました。

入れ替わるように、関東ではJAGE(二輪ジムカーナ主催者団体協議会)によりダンロップ杯などがシリーズ戦としてスタート。
また、関西を中心にGRA(ジムカーナ・ライダース・アソシエーション)が発足し、全国各地で「ジムカーナGP」が開催されるようになりました。
そして1995年前後には全国各地に競技団体やクラブが設立。パソコン通信やインターネットの普及により情報交換・遠征などが盛んになりました。

2000年以降、二輪車を取り巻く環境の変化により、排気音や保安部品などレギュレーションが厳しくなりましたが、主催団体や各選手の働きかけ、また、ジムカーナDVDの発売や雑誌TV等の取り上げもあり競技として浸透しはじめました。

2011年、ジャパニーズスタイルのジムカーナとして海外で初めての本格的な大会がポーランドの首都ワルシャワで開催され、世界的なモータースポーツとして広まりつつあります。


▲ページトップに戻る